J1【横浜F・マリノス】2021シーズン→2022シーズンへ

横浜F・マリノスの2021シーズンの振り返りから、2022シーズンに向けて、移籍情報まで。

目次

2021シーズン振り返り

2021シーズンのJ1リーグを2位で終えた横浜F・マリノス。
優勝はなりませんでしたが、2020シーズンと比べると大変手応えがある戦いを出来たのではないかと思います。
本記事では、横浜F・マリノスの2021シーズンを振り返っていきます。 

横浜F・マリノスの2021シーズンの戦績

勝ち点→79(勝数→24、引分数→7、敗数→7)、得点→82、失点35、得失点差47

このような結果となりました。
試合数が違うので比較するのは適切でないかもしれませんが、今季の勝ち点数は、横浜F・マリノスが2019シーズンにJ1制覇した時より「9」も多いです。
また得点数「82」は、優勝した川崎よりも1点多く、リーグ内で最多数となりました。

神奈川ダービー

横浜F・マリノスの初陣は、川崎フロンターレとの神奈川ダービー。
シュート数は川崎が上回ったものの、ボール支配率はほぼ互角。
そして、前半に2度あった仲川のショートカウンターがマリノスのチャンスを作っていました。
しかしチャンスを決め切ることができず、川崎が2-0で勝利。
マリノスの2021シーズンは黒星でスタートしました。

神奈川ダービー(vs横浜FC)

4月24日に日産スタジアムで行われた横浜FCとの一戦。
横浜FCの斉藤が9分に負傷交代すると、その後の流れはマリノスに。
マルコスジュニオールのPKで29分に先制、立て続けにオナイウが追加点。
後半には3点を追加して、横浜FCを圧倒する試合運びとなりました。

神戸戦でリーグ11戦無敗、4連勝を達成

5月9日に行われた神戸戦に2-0で勝利したマリノスは、連続無敗数を「11」、連勝数を「4」に伸ばしました。
20分にマルコスジュニオールが交代で退くものの、前半終了間近のオウンゴールで先制。80分には天野のゴールで追加点を加え試合終了。
好調同士のクラブによる一戦は、マリノスに軍配が上がりました。

ポステコグルー監督の退任

6月10日をもって、アンジェ・ポステコグルー監督が退任しました。
ポステコグルー監督は2018年にマリノスの監督に就任。2019年にはクラブにJ1制覇をもたらし、2020年のACLでもベスト16を記録しました。
この度は、スコットランドリーグ・セルティックからのオファーを受けての退任となりました。

鳥栖戦勝利。攻撃力が爆発

8月25日の鳥栖戦に4-0で勝利したマリノスは、これで13戦無敗、4連勝を達成。
しかも、連勝した4試合の合計得点数は「16」。
名古屋、大分、仙台、鳥栖相手に、4ゴールのペースで得点を重ね、停滞している首位川崎まで勝ち点1差に迫りました。

⑥ワンサイドゲーム!8発大勝

得点数リーグ1位、下から3番目に少ない失点数リーグを終えたマリノス。
そんな「堅守速攻」が光ったのが11月6日のFC東京戦でしょう。
前田大然の高速カウンターで幕が上がったこのゲーム。
前半だけて4点を追加して折り返し。前田のハットトリックをはじめ、積極的なシュートの姿勢で、終わってみれば8-0。
成績のとおり、マリノスが圧倒した試合となりました。

最終節の神奈川ダービー!前田の得点王が決定

優勝は決められましたが、この神奈川ダービーにはもう一つ見どころがありました。それが「得点王争い」です。
前田大然とダミアンが、得点ランキング1位で並んでいる中、どちらが得点王を手にするのか?

まず決めたのはダミアンでした。地面に叩きつけるヘディングで先制しましたが、その7分後。
マリノスは前田のゴールで同点に。1位対2位対決は1-1で終了しました。

こうして、マリノスの前田大然と、フロンターレのレアンドロ・ダミアンが2021年のJ1リーグ得点王を獲得しました。


2位で終えた今シーズン。来年は3年ぶりの優勝なるでしょうか。
期待がかかるシーズンになります。

移籍情報(2022年1月17日現在)

スクロールできます
日付ポジション選手名移籍元(加入)移籍先(放出)
10/17 DF 西田 勇祐横浜F・マリノスユース
10/17MF山根 陸横浜F・マリノスユース
12/8GK原田 岳V・ファーレン長崎
12/9→1/7 DF 西山 大雅横浜FC
12/15 GK オビ パウエル オビンナ栃木SC
12/16 DF ティーラトンブリーラム・ユナイテッドFC
12/17DF永戸 勝也鹿島アントラーズ
12/17FW西村 拓真ベガルタ仙台
12/17 MF 扇原 貴宏ヴィッセル神戸
12/20 MF 藤田 譲瑠チマ徳島ヴォルティス
12/20 DF 小池 裕太セレッソ大阪
12/21 MF 松田 詠太郎アルビレックス新潟
12/21FWンダウ ターラ町田ゼルビア
12/21 MF 榊原 彗悟ラインメール青森FC
12/23MF樺山 諒乃介モンテディオ山形
12/23MF椿 直起水戸ホーリーホック
12/24DF伊藤 槙人ジュビロ磐田
12/24MF山田 康太モンテディオ山形
12/25DF和田 拓也横浜FC
12/26MF吉尾 海夏町田ゼルビア
12/27GK梶川 裕嗣ジュビロ磐田
12/28DF生駒 仁レノファ山口FC
12/28MF南 拓都いわてグルージャ盛岡
12/30FW杉本 健勇浦和レッズ
12/31FW前田 大然セルティックFC
1/5DF池田 航カマタマーレ讃岐
1/6FW山谷 侑士横浜FC
1/7DF平井 駿助ラインメール青森FC
1/7MF天野 純蔚山現代FC
※移籍先は、期限付き等含む
管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる