【J2】明治安田生命Jリーグサッカー優勝チーム予想~優勝チームは?~

<この記事を読んでほしい人>

・J2リーグの優勝チームが気になる人

・Jリーグを応援している人

明治安田生命J2リーグは各チーム23試合を消化し、前半戦を終了しました。

ここまでの順位(8/9の後半戦が始まる前)は、

1.京都サンガF.C.

2.ジュビロ磐田

3.アルビレックス新潟

となっています。1位と2位は勝ち点同じ、勝ち点8の間に1位~8位の8チームが並ぶ大混戦を見せています。

約3週間のリカバリーを経て8月9日(月)からは後半戦がスタート。

各チーム残り19試合。どんな展開を見せてくれるのでしょうか。

今回はJ2の優勝予想を本命・対抗・大穴の3つのチームに分けて紹介していきます。

目次

J2リーグ優勝予想チーム

本命 京都サンガF.C.

本命は前半戦終了時点で1位につけている京都サンガ。勝ち点は2位のジュビロ磐田と同じ48ですが、得失点差で上回っています。

京都の魅力は攻撃と守備のバランスの良さです。昨季J2得点王、今季は1位と一点差の得点ランキング2位につけているピーター・ウタカを中心とした高い攻撃力、ここまでJ2最少失点の16点を誇る守備力。さらに今期から監督に就任した曺監督が築き上げた前線から激しいプレスを行い全員で攻撃するスタイルがうまくはまっています。得点差をつけて勝つ試合は少なく、接戦をものに。攻守両面において隙のない京都が本命でした。

対抗 アルビレックス新潟

対抗は前半終了時点で3位のアルビレックス新潟。1位京都を勝ち点3差で追いかけています。

新潟の魅力は何といっても圧倒的な攻撃力です。J2でダントツの44得点を記録。高木善朗、谷口海斗、本間至恩の3人が得点ランキングに名を連ね、1人のストライカーに頼っていません。抑えるべき選手が多く、相手が守りにくいチームですね。

また、守備も20失点とJ2で3位。得失点差は24とトップ。攻撃は最大の防御を体現しています。圧倒的な攻撃力を誇る新潟が対抗でした。

大穴 東京ヴェルディ

大穴は前半終了時点で9位につける東京ヴェルディ。1位京都とは13の勝ち点差がついていますが、大穴に選出しました。得点力が高く、新潟と同様に得点ランキングに3選手ランクインしています。9位に沈んでいる原因は守備力。36失点は22チーム中21位です。ただし、この失点はシーズン前半のモノ。特に3月は4試合で15失点と守備は完全に崩壊してしまっていました。6月以降は守備が安定してきています。これまで通りの攻撃力と改善した守備力が発揮できれば、十分に優勝を狙えるでしょう。現在9位の東京ヴェルディが大穴でした。

J2リーグ優勝予想はこのチーム!

前半戦を振り返っての優勝予想3選を発表してきました。

本命:京都サンガF.C.

対抗:新潟アルビレックス

大穴:東京ヴェルディ

残り19試合とまだまだどのチームにも逆転のチャンスはあります。これからどんな展開を見せてくれるのか?これからのJ2後半戦に期待しましょう。

管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる