FXにはスキャルピングと言うトレード手法がある!

FXにはスキャルピングと言うトレード手法があります

FXトレードでは、比較的大きな時間軸で数日~長期間保有のスイングトレード、1日以内で新規ポジション保有から決済までを行うデイトレード、比較的短い時間軸を使って短時間で雌雄を決するスキャルピングなどのトレード手法があります。

スイングトレードでは、一旦ポジションを保有したらたまに為替チャートをチェックするだけになりますが、今回説明するスキャルピングでは短時間で新規エントリーから決済までを1日数回~数十回行う事になるため、結構ハードなトレード手法になります。

ですので、スキャルピングを行うためにはある程度の覚悟が必要になりますが、今回の記事ではこのスキャルピングについて説明します。スキャルピングは他のトレード手法と少し趣向が異なりますので、スキャルピングを行いたい方は是非頭の中に入れておいて下さい。

FXトレードにおけるスキャルピングとは?

先程も説明しましたが、このスキャルピングとは短時間で新規エントリーから決済注文までを行い、為替相場からわずかな利益を抜き取る事を繰り返す、とても集中力が必要なトレード手法になります。

短時間で行うトレードになりますので、トレードに使うローソク足の時間軸も1分足や5分足、長くても15分足と、次のローソク足までの移りがとても速いのです。

さらに、スキャルピングでは短時間にさまざまな情報を整理しながら行いますので、かなり脳ミソを使う事になります。ですので、ある程度のスキャルピングをこなすとどっと疲れが出てくる事があります。

そして、為替相場から短時間でわずかな利益を抜き取りますので、高い勝率を出さないと結果赤字になってしまう事も十分あります。

もっとも、これは勝った時の利益と負けた時の損失のバランスにもよりますが、基本的にスキャルピングでは買った時の利益を1とすると、負けた時の損失が1以下になる事はめったにありませんので勝率50%でも損失が出る可能性があります。

ですので、スキャルピングで稼ぐためには、最低でも60%以上、もっと言えば70%以上の高い勝率をキープする必要があるのです。(トレード手法によります)

スキャルピングで必要な事とは?

スキャルピングでは、短時間に売買を繰り返しますので、短時間でも的確な判断が出来る事、そして注文動作を的確に出来る事、最低でもこの2つが必要になります。

また、基本的にスキャルピングでは高い勝率が要求されますので、高い勝率がクリア出来ないと負けた時の損失が大きな重荷になってしまい、結果スキャルピングをあきらめてしまう可能性があります。

ですので、スキャルピングを行う人、特にFX初心者の人がスキャルピングを行う場合には、高い勝率のスキャルピング手法を身に付ける必要があるのです。

さらに、これはどんなトレード手法にも当てはまりますが、為替相場でどのような事が起こっても淡々とトレードする事が出来る、強いメンタルも必要になります。

そして、スキャルピングでは強いメンタルと高い勝率のトレード手法があれば、短時間で利益を積み重ねる事が可能になりますので、結果として楽しくFXトレードを行う事が可能になります。

短時間で自分のFX口座の残高が増えていくのは、もう笑いが止まらないほど楽しい気分になります。

FXトレードにはデイトレード、スイングトレード、スキャルピングなど、いくつかのトレード手法があります。

そして、大抵の人がFXを始める場合には、ある程度ポジションを保有する事が可能なスイングトレードやデイトレードを行うと思われます。

ちなみに、スイングトレードは、保有したクロス円の為替レートが下落せずにそのまま推移しただけでも毎日スワップ金利を受け取る事が出来ますので、ビギナーズラックも手伝ってかほとんど損失も無くFX口座内の資金は順調に増えていく可能性があります。

そのため、FXを始めたばかりの人は、FXトレードでこんなに簡単に儲かっても良いのだろうか?と、少し不安に思うところもあるかも知れません。

ただ、FXではリスク管理を怠っていると、時として大変な事になる可能性があるのです。

FXでは突然の大暴落が起こりえます

これは忘れもしない、2011年3月11日の東日本大震災が起きた後、FX相場はみるみる円高=日本円が高騰して他通貨が大暴落しました。

そして、この時スイングトレードを行っていた人の中には、ストップ設定を行っていなかったため、あっという間にFX資金の大半を失ってしまった人が多くいたようです。

もっとも、FX相場ではいつ何が起こるか分からないため、保有しているポジションには必ずストップ注文を入れておく必要がありますが、このストップ注文を入れておかなかったため、結果として大損失を招いてしまったのです。

そのため、スイングトレードやデイトレードでは、必ずストップ注文を入れる必要があるのです。

スキャルピングでは現在の為替レートが気にならない

為替レートが気にならないなんておかしな事を言っているなと思うかもしれませんが、スキャルピングではテクニカルの動きでトレードポイントを狙いますので、現在の為替レートの水準は気になりません。

それに、スキャルピングは新規注文から決済注文までのトレード時間が短いため、為替レートの水準を気にする必要が無いのです。

これが、スイングトレードやデイトレードの場合、日中仕事をしている時でも現在の為替レートの水準はどこかを確認するために携帯でチェックする必要があります。それも、30分とか1時間単位でです。スイングトレードの場合は夜中にもチェックが必要になるケースがあります。

さらに、為替レートに大きな影響を与える重要なニュースや高官の発言が出ていないかなどのチェックもしていましたので、それはもう心が休まる時が無いほどに精神面へのダメージが大きくなる可能性があります。

心が休まらずにFXトレードをしていたら、精神は崩壊し体調も悪くなる一方になる可能性が高くなりますが、これがスキャルピング手法だと日中や夜中に為替レートを確認する必要が無くなります。

ですので、現在あなたがスイングトレードやデイトレードで心が休まらず疲れが出ているのであれば、スキャルピング手法に変更するのもありだと思います。

管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる