FXをする上で必要な為替の知識とは?

為替介入とは

ニュースなどで、為替介入という言葉を見たり聞いたりした方もいらっしゃるでしょう。為替介入とはいったいどのようなことなのでしょうか。為替介入とは、政府や日本銀行などの通貨当局が、外国為替市場で通貨を売買することをいいます。為替介入は、為替レートやその動向に対して影響を及ぼすことを目的として行なわれます。為替相場が混乱してあまりにも行き過ぎた円高が発生したとします。政府や日本銀行は円を売ってドルを買うという操作を行ないます。円を売ってドルを買うことで、ドルは値が上がり円は値が下がります。このため為替レートは円安方向に向かいます。為替を円安に向かわせるための介入は円売り介入と呼ばれています。一方で、急激な円安の場合に行う介入もあります。政府が保有するドルを売却するなどして円高へと誘導することがあります。日本の輸出企業は基本的に、円安になると収益が上がりますし、円高になると収益が下がることになります。日本企業も最近では海外生産拠点を作ったりするなどして円高対策を行なっています。このため昔よりも円高への対応力がついてきています。とはいえ円高吸収力にも限界はあり、予想外に円高になったような場合には、輸出企業の収益は悪くなります。日本銀行が今までに行なってきた為替介入は、円高が行き過ぎた時に行なわれてきています。

為替取引に投資するなら為替変動の把握を
もしも為替相場の変動を利用して売買差益を確保したいと思っているなら、為替についての知識を得る必要があります。為替取引などの投資をしはじめると、急にこの為替変動が大きな関心ごととなることは間違いありません。金利が底を打つようになってかなりたちます。銀行預金だけでは、手持ちの資金を増やすことは困難です。最近、多くの人が取り組むようになったのは、為替レートの変動を用いた資産運用です。しかし、為替の値動きはなかなか想定どおりには動きません。場合によっては予想とは真逆の方向に動くこともあります。この先、為替がどう変わっていくかを予測し、タイミングをはかって売買取引を行うことで、利益を確定させなければなりません。一時は予測が大幅に外れて、損ばかりが膨らんで見えることもありますが、相場が戻ってくるまでじっと待ち、時期を見て取引をすることも可能です。短期間で為替で儲けようと思っていると大火傷をしてしまうことも十分に考えられます。なれないうちは小口の取引で済ませたり、長いスパンで見た取引の仕方をするなどの対策を立てましょう。最初のうちは、安全率を見積もって売買取引を行い、金額もそれほど高額にならないようにすると、リスクヘッジになります。相場の動きを押さえておくことは大事ですが、24時間常に変わりつづけている相場に張り付いていようとすると、いずれ疲れてしまいます。為替変動を利用した投資を続けるには、些細な為替レートの変化に過剰反応していては身が持ちませんので、長い目で見るようにしましょう。
管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる