初心者でも理解できる?FXのチャートの見方

FXのチャートの見方
FXのチャートはどのように読めばいいでしょう。最近は、手軽にできる投資手段としてFXを利用する人が増加していますが、FXは為替相場の動きを読むスキルが必要です。為替相場の変動を予想し、それに基づいて取引をするのがFXの大まかな流れです。FXで使われるチャートは、基本的に横軸を時間帯、縦軸に為替レートをとっています。1分刻み、5分刻みなど短時間の値動きを記録するものから、月刻み、年刻みのチャートもあります。ロウソク足チャートは、FX取引で最も多用される為替レートのチャート表です。日本発祥のチャート表で、ろうそくに形が似ています。ロウソク足チャートでは太線が実線、細線がひげです。実線には陽線と陰線の2種類があります。陽線は値上がりを表し、陰線は値下がりを表します。1分足では、1分ごとにロウソク1つという記録の仕方をします。取引戦略に応じて、チャートの読み方には様々な方法があります。実践が長い場合は継続する可能性が高く、ひげが長い場合にはひげの方向と逆の力が強いということです。為替チャートについての理解を深め、チャートを分析する手法を持つことで、FXでの取引精度がアップします。為替チャートは、過去の値動きから将来の値動きを予測するために使います。一から十まで信じ込むのではなく、様々な情報と照合させながら分析することです。
FX取引では為替チャートの種類を理解しておく
FXで利益をしっかり上げていくには、為替チャートを分析して為替の値動きを予測していくことが大事です。外国為替証拠金取引に欠かせないツールである為替チャートですが、いくつか種類があります。まずはじめに、棒グラフのような形をしたバーチャートと呼ばれる為替チャートがあります。相場の強弱を見やすいものです。相場の動きや流れは読みにくいのですが、トレンドラインを引きやすいなど相場の強弱を見るのに便利です。バーチャートは主に、欧米で広く使われているものです。次に、白や黒で塗られたローソクのような棒の形をしたローソク足と呼ばれるチャートがあります。相場の流れを読みやすいチャートです。株取引で一般的に用いられるのも、このローソク足チャートになります。ロウソク足には、1日の値動きを表す日足、月単位の月足、年単位の年足、分単位の分足などの種類があります。目的に応じた使い分けが必要です。最後に、よく見られる折れ線グラフのような形をした、折れ線足と呼ばれるチャートがあります。終値だけを線で結んだ為替チャートです。相場の値動きの流れを、大きく直線的に把握することができます。このように、為替チャートはいろいろな種類があります。自分にとって見やすいだけでなく、使いやすいチャートを選んで利用しましょう。さまざまある為替チャートを学ぶことで分析ができるようになります。ぜひFX取引で勝てるようになって下さい。
管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる