ドル為替の影響とは

ドル為替の影響

ドルの為替レートが変動する事で、経済や景気などにはどんな影響があるのでしょうか。日本の多くの企業は加工貿易を行っており、外国から購入した材料を商品化し、外国に販売しています。安く売りたい会社にとっては、円安が都合がいいようです。国内で製造したものを他国に売る場合、日本円が安い方がものが売れやすく、利益を上げやすいといいます。逆に、製造コストを押さえても、円高ドル安では海外に商品を売る時の金額が安くできません。精密機器メーカーや自動車メーカーは、海外で商品を売りたいと思っても、価格設定で他の国より安く設定できなくなります。円高傾向になると、日本の大手自動車メーカーの年間売り上げ予測が下方修正される理由です。一方、日本円を必要としているような人への影響はどうでしょう。日本円を必要としているという人にとっては、円高は好ましい状況ではありません。交換比率が前よりも良くないためです。円高は、海外から来る人にとっては歓迎できないことです。為替レートは、立場が変われば影響も変わります。円高になればなったなりの、円安になればなったなりの得と損がありますので、どちらがいいとは言いきれません。輸出入に関わっている人には直接的に、それ以外の人でも間接的にドル円の為替は影響を及ぼします。

管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる