クレジットカードについて⑥

クレジットとカードローンの違い
買い物をする時にとても便利なクレジットカードを持っておられる方はたくさんおられると思います。すぐに現金を用意したいという時には、カードローンを使っているという人もいるようです。カードローンと、クレジットカードは、混同しがちな人もいますが、両者はどのような点で異なっているのでしょう。カードローンは、お金を借りる時には使えますが、店舗で支払いをする時に使えるものではありません。クレジットカードはお金を借りることができるように、キャッシングカードとしての機能をつけ足しておけます。いくらまでの借り入れが可能かという点については、クレジットカードのキャッシングより、カードローンの融資のほうが有利になっています。限度額はカードローンの方が大きくなり、返済方法も異なってきます。クレジットカードでは、借りたお金は一括払いで返済します。一方、カードローンは分割払いで返済していきます。一度の借入金額が大きくて、何回かに分けて返済できるという点では、カードローンを利用した方が、利用しやすいと言われています。クレジットカードはキャッシング機能こそありますが、基本はショッピング用のカードです。クレジットカードでも、カードローンでも、借りたお金は確実に返済できるように、返済計画をしっかりつくっておくことです。正しく利用している限りは、クレジットカードも、カードローンもとても便利なものですから、無理なく返せる範囲で借り入れましょう。
クレジットの支払いについている保険
ネットショッピングを利用する人は最近ではかなりの数ですが、やはりクレジットによる支払いに不安を感じている方もいます。当サイトは128ビットの暗号化がしてありますと書かれていても、それがどう安全なのかわかりにくいものです。クレジットカードのネット保険は、そのようなネット通販リスクへの対策措置です。クレジットカードで購入したものについて補填されるショッピング保険や、紛失・盗難保険、不正使用保険などカードのトラブル対策ができるものがあります。維持費のかからないクレジットカードでもショッピング保険が附帯サービスとしてついていることがありますので、調べておくといいでしょう。もちろんネットショッピングだけではなく、カード紛失や盗難保険は全てのクレジットカードに付帯しています。盗難保険とは、カードが何らかの理由で第三者の手に渡るなどして、他人に使われてしまった時のものです。いざという時にはカード会社と警察にすぐ届けて、二次災害を防ぐ事が重要です。保険を使うにはいくつか条件があり、どんな理由でカードを亡くしたかによっては保険が使えません。暗証番号やクレジットカードの管理は、常に怠りなく行うようにしてください。ICチップに様々な情報が書き込めるICチップ内臓カードには、犯罪の防止効果が期待されています。これは偽装が難しいのが特徴で、偽造防止や本人認証に役立っている安心して利用できるクレジットカードとなっています。

★JCBオリジナルシリーズ限定★お友達紹介キャンペーン実施中!

お友達よりご紹介のあったURLからJCBオリジナルシリーズ対象カードへ入会されると、もれなくJCBギフトカード1,000円分をプレゼント!

~JCBオリジナルシリーズのおトク情報~
・ポイント優待店でのご利用でポイントがおトクに貯まる
・インターネットショッピングで、Oki Doki ランドを利用するとポイント最大20倍!→JCBキャンペーンサイトへGO!

管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる