【クレジットカード】これを見れば、恐怖心がなくなる!

クレジットカードの知識を増やしてぜひとも良い生活を送って下さい。

<この記事を読んでほしい人>

・クレジットカードが怖いと思っている人

・クレジットカードを理解したいと思っている人

・クレジットカードの知識を増やしたい人

目次

クレジットカードを知る

クレジットカード会社の選び方

クレジットカードを取り扱っている会社は数多く存在します。どういった基準で選択すれば、自身の使い方に即したクレジットカードを見つけることができるでしよう。

普段から、自分がどんな購買行動をとっているか知ることが、クレジットカード選択の鍵を握ります。

航空会社や鉄道会社のクレジットカードがおすすめな人はどんな人?

①旅行が好きでよく交通機関を利用する人

②出張で頻繁に飛行機に乗るという人

航空会社がつくっているものは、航空サービスが付帯しているものがあります。鉄道会社のクレジットカードならば、特急券の割引サービスや、乗車ポイントがお得になったりという利点があります。

電話会社の発行しているクレジットカードなら、固定電話や、携帯電話の利用料金を安く抑えることが可能です。カード決済で発生した金額が、そのまま電話料金のキャッシュバックになるというもので、クレジットカードを使うほど電話料金がお得になります。車で移動する機会が多く、ガソリン代金を軽減したいと考えている人であれば、ガソリン会社が発行しているクレジットカードを活用するといいでしょう値引きサービスのあるカードの場合には、いつでもガソリンが割引されます。ポイントがたまるとプレゼントと交換できるサービスがあるクレジットカードもあります。カード選びの基準は、クレジットカードを用いた購買行動をどのくらいしているかが大事です。ガソリンスタンドでクレジットカードを発行したものの、ほとんど使っていないということがあると、せっかくのサービスがムダになってしまいます。お得な割引サービスや、ポイント還元率も大事かもしれませんが、日頃から行く機会がないところでは、意味がありません。クレジットカードを選択する時には、使いやすいカードはどこの会社のものかをよく考えることが大事です。

クレジットカード決済の種類について

クレジットカードは大変便利なものであり、ほとんどの人が所有しており、中には複数枚のクレジットカードを持っている人も少なくいありません。クレジットカードがあれば、現金を持っていなくても商品を購入できたり、いろいろな有料サービスをお金の心配なく利用できるので非常に助かります。クレジットカードは財布に入っている状態であることが、一般的だといえます。普段、生活する中で無くてはならない程、利用するシーンが増えてきたクレジットカードですが、利用する際に理解しておくべき点もあります。どうやってクレジットカードの精算がされているか、計算の仕方がわからない人もいます。一括払い、リボ払い、分割払いのどれかの方法を選択して、クレジットカードの支払いは行われています。利用時の状況に応じて、決済方法を選択できるので、支払いのタイミングを調整して無理なく返済することが可能です。一括払いの場合は、多くのクレジットカード会社で手数料が無料となっているので、金額が低い買い物の場合には、一括払いを選ぶようにしましょう。分割払いや、リボ払いは、まとめて支払うと所持金が少なくなりすぎるような、金額の高い買い物をした時用です。クレジットカードを利用した場合には、利用状況の詳細をインターネットで確認できるようになっているので大変便利です。クレジットカードを使って買い物をした時は、一括払いならその時限りですが、リボ払いや、分割払いの時は、返済が長引いてもきちんと返しまょう。適切な使い方ができていれば、クレジットカードは買い物を便利にしますし、ポイントを希望の品と交換することができて、重宝するでしょう。

クレジットカードでポイントを獲得する方法について

クレジットカードはショッピングなどで利用できる大変便利なものですが、ポイントを獲得することによるメリットもあります。クレジットカードを使った買い物をした時や、クレジットカードのキャッシング枠を利用した時に、利用額に応じて一定の割合でポイントが入ります。最近では、クレジットカードが使える場面が大幅に増えています。水道代や、電気代、税金の納付がクレジットカードで可能な自治体もあります。毎月必ず発生する電気代や、ガス代をクレジットカードで支払うように手続きをしておけば、以後は何もしなくても、毎月少しずつポイントがたまります。クレジットカードによる支払いによって、毎月必ずポイントを貯めることが可能になります。よりお得にクレジットカードを使いたい場合は、行きつけのお店で発行しているクレジットカードを使うようにします。その店舗やサービス、提携の場所でクレジットカードを使うとポイントの付与率が上がったり、ボーナスがついたりします。ネットショッピングでは、クレジットカードで決済をすることが多いですが、販売店が提携しているクレジットカードを使うことで、ポイントがたくさんついたり、値引きサービスが受けられたりします。クレジットカードにはポイントサイトがあるものもあります。そのサイトを経由してから買い物をすると、ポイントがたくさんつくケースもあります。クレジットカードのポイントサイトでは、ミニゲームや、アンケートなどのミニコンテンツがあります。アンケートに答えた報酬やくじであたりが出た場合、ミニゲームがクリアした場合にポイントを獲得できます。クレジットカードのポイントサービスは、多種多様なものがあります。どうすればポイントがより多く入るか意識しながら買い物をすることで、お得なサービスを利用できます。現金を持たずに買い物が楽しめるという点でクレジットカードはすぐれものですが、それに加えてポイントという長所もあります。ポイント特典があるクレジットカードは、利用額に対しての還元率が決まっており、カードを使った買い物や融資を受ける度にポイントが加算されます。携帯電話や固定電話の料金はもちろんのこと、今では水道光熱費などの公共料金もクレジットカードでの支払いができるようになっています。電話代や電気代などの毎月の必ず発生する費用をクレジットカード決済に変更することにより、コンスタントに利用金額を計上できるようになります。こうすることで、普通に生活をしていると、クレジットカードのポイントがふえていくわけです。よりお得にクレジットカードを使いたい場合は、行きつけのお店で発行しているクレジットカードを使うようにします。例えばデパートが発行するクレジットカードを用いて、そのデパートで買い物をすると、ポイントがつきやすくなったりします。ネットショップを利用して、通販で買い物をする場合、そのネットショップが提携しているクレジットカードで買い物をすれば、よりポイントがつきやすくなるというサービスも一般的に行われています。クレジットカードのポイントサイトを経由して、サイトに接続して買い物をすることにより、付与率が上がる場合もあり、たいへんお得になります。カードのポイントサイトでは、アンケートやくじ、ミニゲーム等が行われていることもあります。クレジットカードのポイントをためる方法として、ポイントサイトのゲームやアンケートを利用する方法もあります。クレジットカードのポイントサービスは、多種多様なものがあります。どうすればポイントがより多く入るか意識しながら買い物をすることで、お得なサービスを利用できます。

クレジットカードとマイルについて

どんな関係がクレジットカードとマイルにはあるのでしょうか。クレジットカードは、成人であればほとんどの人が最低一枚は持っているのではないでしょうか。クレジットカードの中でもポイントとしてマイルがたまるものは、普段から旅行が好きな人にとっては非常に魅力的なものではないでしょうか。独自のポイントであるマイルとは、旅客機を運航している航空会社が、飛行距離に合わせて設定しているといいます。マイルの取得には、系列の会社が運航するに飛行機乗った距離によってできるそうです。買い物でも取得が可能なのが、マイルのポイントです。航空会社が発行するクレジットカードを利用することで、金額に応じたショッピングマイルがたまるという仕組みにもなっています。普段あまり飛行機に乗らない人でも、クレジットカードを利用すればマイルの獲得ができるのでとても便利です。たまったマイルはポイント数に応じて国内外の航空券に交換できます。電子マネーのような扱いにも、航空会社によってはマイルポイントとして替えることが可能です。最近はクレジットカードに付加価値を求める人も多く、マイルのポイントはとても人気のようです。ほとんど飛行機には乗らず、マイルをクレジットカードの利用のみでためている人もいるのです。通称、陸マイラーと呼ぶそうで、海外旅行はもっぱらクレジットカードでたまったマイルで行くそうです。

クレジットカードの還元率とマイルについて

クレジットカードの利用額に応じてマイルがたまるサービスを活用する場合、まず、還元率が何%になっているかが重要です。まずはクレジットカード選びをしなければなりませんが、その時に、カードの利用額とマイルの貯まり方について試算をしてみることが大事です。クレジットカード会社によって、ポイントの還元率は違います。具体的に計算をすることで、どのくらいのマイルが入るクレジットカードなのかがわかります。ポイントをお金に換算してみることで、最終的にいくら分のお金が手元に戻ってくるかということが分かります。このことから還元というのは、いくら手元に戻ってくるかという意味で使われている言葉です。大抵のクレジットカードは、0.5%の還元率にしていることが多いようです。0.5%の還元率がついているクレジットカードで2000円分の買い物をした時に、1ポイント1円のポイントが10ポイントつくわけです。ポイントは景品と交換したり、割引に使うことができますが、ギフトカードなどの金銭的価値に直結するものと交換すると価値が明らかです。ポイントをマイルと交換する場合は、金銭に直すとどのくらいの価値があるかが、一見して理解しづらくなります。そもそも1マイルがいくらのお金の価値であるのかが分からないだけでなく、マイルの使い方によって価値が異なってくる場合があります。マイルに交換する場合には便宜的に1マイルを1円相当と考えて、単純計算されて比較されることが多いのです。よくあるクレジットカードでは、1ポイントにつき5マイルに換算できるというところが少ないありません。その前提に立てば、換金率は0.1%相当になります。

クレジットカードを使ったマイルポイントの活用について

クレジットカードによっては、決済額が多いほどお得なサービスがあります。代表的なものがマイルポイントです。現金を持ち歩かずとも、買い物ができるクレジットカードは、今ではほとんどの人が財布の中に一枚は持っています。毎月ごとにクレジットカードの利用金額をとりまとめて、支払い用の口座から、カード会社へと支払われます。一括払いだけでなく、分割払いを選択する事も可能となっていて、収入とのバランスによって、変更することができます。お金を持っていなくてもショッピングが可能なクレジットカードはありがたい存在ですが、マイルポイントを上手に使えば、一層便利に使うことができます。マイルポイントは、クレジットカードを使って支払った金額に対して加算される、ポイントサービスのことです。ある程度マイルポイントが入ると、提携店での割引サービスに使ったり、航空チケットの購入に使えたりもします。クレジットカードの中には、デパートや、量販店と提携しているところもあり、高いポイント還元率でカード決済ができることもあります。そのため、クレジットカードを選ぶ時は、日頃からよく行くスーパーや家電量販店が発行しているカードにするといいでしょう。マイルポイントと同じように貯まったポイントは、提携しているお店で商品の購入代金に充てることができるようになっています。クレジットカードを使って決済をするだけでなく、ポイントをためて、普段の買い物を一層便利なものにすることができるようになります。クレジットカードを上手に使うには、ショッピングに使うことだけでなく、マイルポイントなどのポイント付与サービスを使いこなしやすいカードにするのもいい方法です。

クレジットカードの年会費が無料になる理由について

クレジットカード年会費には有料の場合と無料の場合がありますが、これには幾つかの理由があります。クレジットカードの発行には、クレジットカードをつくって印刷する費用や、顧客情報の管理費用、毎月のカード利用額を請求したり、とりまとめるための費用がかかっています。クレジットカードを所有しているすべての会員から年に1回、年会費の支払いをさせることによる顧客のスクリーニング効果です。仮に、しばらく使用していないクレジットカードに対して年会費が発生したら、多くの人はクレジットカードを解約することで、年会費を支払わなくてもいいようにします。一方、クレジットカード会社としても、ただカードを持っているだけで使うことがないような顧客でも維持コストは発生しますので、解約してもらったほうが都合がいいわけです。年会費が発生するクレジットカードのいいところは、常にカードを使い続ける顧客だけしか残らないという仕組みになっていることがあります。クレジットカードの種類は年々増加しており、近年は年会費を無料に設定したクレジットカードが多くなっています。クレジットカードを使って顧客が買い物をすると、提携店舗は手数料を支払いますので、その金額がカードの維持費になっているわけです。顧客には嬉しい配慮に見えますが、利益確保の為に還元されるべきサービスの一部が省かれているケース等もあるようです。自分に合うクレジットカードを見出す時は、年会費が必要かどうかはとても大事なところです。とはいえ、年会費が必要かどうかだけで、クレジットカードを選択するという決め方はおすすめできません。そのクレジットカードを自分はどんな風に使うことになるかを総合的に見極めることがポイントになります。

クレジットカードは学生が申し込んでも審査に通過するのか?について

最近は学生でもクレジットカードが必要な時がありますが、収入が不安定だと持ちにくいと思いがちです。アルバイトで得られる収入は個人差がありますが、毎月数万円ほどしか得られないなら、安定した収入とは言えません。収入の安定性という面から考えれば、クレジットカード会社としても、学生へのカード発行はためらうようです。とはいえ、学生でも成人していれば、クレジットカードの申し込みができますし、審査に通る可能性もあります。学生でもクレジットカードを持ちたいという人が多いこともあり、学生への審査基準が緩和されている学生向けクレジットカードもあります。学生のうちからクレジットカードを使うことになれておくことで、お金とのつき合い方に向き合う機会を得ることができます。クレジットカードを滞りなく使っているという実績は、その後にクレジットカードの審査を受ける時などに、高評価の根拠にもなります。クレジットカードを介したお金のやり取りを学生のうちから経験しておくと今後に役立ちます。学生に対してクレジットカードを発行しているカード会社がどのくらいかるか、チェックしてみましょう。クレジットカード会社によって、利用条件は少しずつ異なりますので、使いやすそうなところを選ぶといいでしょう。クレジットカードの公式ホームページには、新規申し込み用のフォームがありますので、手早く申し込めます。必要事項を記入して送信し、審査の結果を待てば、学生でもクレジットカードを持つことが可能です。

クレジットカードを契約するための方法について

クレジットカードを持っていれば、旅行先での買い物や、毎日の支払いに重宝します。クレジットカードは、海外での買い物にも便利です。お金を持ち歩かずとも買い物ができますし、紛失や盗難に対しても対応できます。クレジットカードを契約するには、どういうプロセスを踏んでいくものなのか不安があるかもしれません。申し込み書類の書き方なども複雑なことはないので、クレジットカードに関心がある人はまずはつくってみるといいでしょう。クレジットカードの発行には、運転免許証などの本人確認書類の提示が求められます。最近はネットからのクレジットカードの申し込みができるようになっていますので、すぐに手続きが可能です。様々なクレジットカードがありますが、銀行系や、信販系など、カード会社によって特典が異なります。口座を開いている銀行が、クレジットカードも取り扱っているなら、申し込みや契約手続きも簡単になりますので確認してみるといいでしょう。すぐにクレジットカードが必要であるときには、即日に発行してもらえる会社もあります。クレジットカードを発行するためのカウンターが店舗にあるデパートやショッピングモールもあり、思い立ったらすぐにカードを発行してもらえます。海外旅行の計画がいきなり決定した時などは、申し込みからカード発行までほとんど時間がかからないようなところが重宝します。クレジットカードに付帯するサービスには、ポイントや、割引サービスなどがありますので、どのサービスが使いやすいか検討してみましょう。

クレジットカードのキャッシング機能の停止について

クレジットカードにはお金を借りる時のキャッシング枠と、買い物に使えるショッピング枠とがあります。クレジットカードのサービス内容には、最初からキャッシング機能が含まれています。中にはクレジットカードのキャッシング枠はいらないという人もいます。なまじお金を借りられるために、節約すべきところを浪費しそうだという方もいるようです。クレジットカードが盗まれた場合などにキャッシング枠を悪用されるリスクを嫌う人もいます。キャッシング機能をクレジットカードにつけたくないという場合は、クレジットカード会社に頼んで機能を外してもらうことも可能です。キャッシング枠がついているクレジットカードなら、いざという時にお金を借りてくれるかもしれませんので、クレジットカード会社は機能をつけたいと思っています。わずかな手続きで、クレジットカードのキャッシング枠をなくすことができます。電話連絡などで、キャッシング機能の停止希望を伝えれば対応してもらえます。クレジットカード会社によっては、プッシュ式電話機の操作をするだけでキャッシングを中止できます。ただし、再びキャッシング枠を戻したいという時は、審査を受け直す必要があります。クレジットカードは所有したいけれどキャッシング機能はいらないという方は停止の手続きをするといいでしょう。

クレジットカードの金利について

銀行系のクレジットカードは低金利が特徴ですので、金利で比較したい時は銀行系をチェックしましょう。クレジットカード会社によって、セールスポイントは様々です。細かく分割払いをしたい人や、長いスパンでの支払いを予定している場合は、クレジットカードの利息は低い方がお得です。銀行系クレジットカードの強みは低金利で利用できることで、信販系クレジットカードや消費者金融系のクレジットカードと比較して安定している印象があります。クレジットカードの利用に掛かる金利は、支払い方法を含む、各々のクレジット契約内容によっても若干差が出ます。クレジットカードによっては銀行系でも色々特性があるので、その点を比較して見極めてください。カードでの決済を常時行い支払いも長期になりがちな方と、翌月の一括払いで時たましか使わない方とがいます。同じクレジットカードでも、利用方法が違えば利息額にも開きが出ます。インターネットが普及した現代では、各クレジットカード会社のホームページ上で返済シミュレーションを設けている場合も多く見受けられます。試算の必要がある時は、こちらを利用してみましょう。おまとめローンをクレジットカードで行って、返済の負担を減らしたいという人もいます。念入りに比較することによって、銀行系クレジットカードの持つ金利の低さ以外にもチェックポイントがたくさんあることがわかるでしょう。

クレジットカードを利用した時の金利手数料について

手持ちの現金がない時でも、クレジットカードで支払いをしておけば、精算は後回しにすることが可能になります。現金の持ち合わせがなくて買い物できることは、大きなメリットですが、金利手数料がかかることになります。手数料を支払うことで、クレジットカードが使る状態にすることができます。クレジットカードで買い物をすると、割賦販売契約や、後払い契約になりますので、金利による手数料が発生します。ただし、割賦販売にならない時には手数料がかかりませんので、一括で返済しているうちは手数料は0円で済みます。クレジットカードで決済する時は、支払いを分割ではなく一括にしてしまえば、手数料はかかりませんので、支払い額だけで済みます。クレジットカードの提携店舗は、金利手数料以外の手数料をカード会社に支払っています。これは決済手数料と呼ばれており、クレジットカードの持ち主である私たちが支払う義務はありません。店舗側の収益金を高くするためには、クレジットカード払いよりは、現金での決済のほうが喜ばれるものです。店舗によっては決済手数料を精算時にプラスするところがありますので、そういう時には拒否してOKです。決済手数料は店が負担するものであり、客に支払わせるような店は、クレジットカード会社との取り決めに反することになります。いつ、どこで手数料が必要になるかを知った上でクレジットカードを使うことが、円滑に活用していくためには重要です。

クレジットカード会社の利益について

商品を現金が無くても購入できるので、クレジットカードはとても便利なものだといえます。どんな方法でクレジットカードを発行している会社が利益を得ることができるのでしょうか。クレジットカード会社にカード会員が直接支払っているお金はといえば年会費ですが、それほど年会費自体は主な収入源とはいえないといいます。事実年会費のかからないクレジットカードも数多く存在します。クレジットカード会社は、加盟店からの手数料を収入の1つとしています。クレジットカードで加盟店が決済をすることによって発生するのが、カードを使って支払った金額に応じて加盟店が支払うべき手数料です。手数料を支払ってもクレジットカードを使える状態にすることで、客が買い物をしやすい環境を作っているというのが、加盟店のメリットです。支払いを分割払いやリボルビング払いで会員が行う場合は利息がつくことによって、利益がクレジットカード会社に入ります。利息がクレジットカードに付随しているキャッシングサービスを利用する場合にも、クレジットカード会社の収入となっているようです。他には、保険などの他社からのサービスの仲介手数料があります。クレジットカード会社から送られてくる明細には、保険や旅行の案内が一緒に入っていることがあります。仲介手数料を保険会社から得られるように、クレジットカード会社は会員に保険に入ってもらうことでなっているというのがその理由なのです。

当サイトがおすすめするクレジットカード<JCB>

★JCBオリジナルシリーズ限定★お友達紹介キャンペーン実施中!

お友達紹介キャンペーン実施中!

お友達よりご紹介のあったURLからJCBオリジナルシリーズ対象カードへ入会されると、もれなくOki Dokiポイント200ポイントをプレゼント!

~JCBオリジナルシリーズのおトク情報~
・ポイント優待店でのご利用でポイントがおトクに貯まる
・インターネットショッピングで、Oki Doki ランドを利用するとポイント最大20倍!

あわせて読みたい
クレジットカードなら、JCBカード
管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる