住宅ローンを失敗しないためには知識をつけること!

住宅ローンセンターとは
住宅ローンセンターとは、銀行のローン受付窓口から分かれた、より住宅ローンに特化したところです。住宅ローンセンターの店舗は銀行とは別のところです。営業は平日の3時より遅くまでしていて、ローン説明会なども土日に開いているようです。本来の目的は、不動産業者と銀行のやり取りをよりしやすくすることだったといいます。最近は住宅ローンを組みやすくするためにも、よりメリットのある住宅ローンを組みたいという顧客にさまざまな情報を与える場所となっているようです。より詳しく住宅ローンについて聞きたい、きちんと考えてから決めたいという人こそ利用するのがおすすめなのが、住宅ローンセンターです。住宅ローンセンターは、月初めに出す店頭金利の情報を少しだけ早く得ることができます。独自に銀行が行うキャンペーン金利についても、細かく情報を得ることができるでしょう。主に住宅ローンセンターにいるスタッフは、住宅ローンだけの、通常の銀行の仕事の範囲では延長線上ではカバーしきれない専門的な知識を持っているそうです。法律的な税金や契約関係の知識や、不動産取引の流れなど、さまざまな知識が住宅ローンを組む場合にはなければ困ります。家を新しく買う場合のみ利用するものではありません。住宅ローンセンターで相談できることは、リフォームや住み替え、ローンの借り換えなどもありますのでぜひ利用しましょう。
住宅ローンについて
いつかは自分の家を持ちたいと思っている人は少なくありませんが、住宅ローンを払い続けることを考えるとためらってしまいます。住宅ローンは、車のローンなどと違い期間も金額も桁違いなので、早々に決められないと言う事は多いのではないでしょうか。一生のうちに3度も4度も住宅ローン融資を受けるという人は少なく、1回か2回ではないかと思います。住宅ローンを組もうと思っている時は、注意しなくてはいけない事がいくつかあります。生命保険は、住宅ローンを組む時に重要な要素となります。今はほとんどの場合、生命保険も入るように義務化されているところが多いと思います。住宅ローンは、金利面についてもよく考えなければなりません。住宅ローンは、どのような金利を組むかで金利が返済途中に変動したり、完済総額が変わってしまうこともあります。住宅ローンの返済を、ボーナスが入る頃に多めに返すという方法もあります。ボーナスを使った返済も、よく考えてからにしてください。支払う段階になってから厳しいと言っても、一度組んでしまった住宅ローンを換えることは出来ないのです。十分慎重にならざるを得ません。返済総額の2割~5割の金額をローンの頭金として支払うことができるならば、住宅ローンのその後の返済はスムーズにいくといわれています。
住宅ローンの借り換え金利
住宅ローンは借り換えるべきなのでしょうか。年々金利が上がるのであれば、住宅ローンは固定金利制が有利だろうと思っている人は少なくないようです。確かに不況な時代、金利が上昇して月々の住宅ローン返済額が増えるのは心配なのも納得がいきます。長期の固定金利で住宅ローンを組んだ場合、金利の上昇リスクはありません。反対に借入当初の返済額が変動金利よりも多くなってしまうデメリットもあります。それほど一般的な知識ではありませんが、融資を受けてすぐに繰り上げ返済をしても返済総額への影響は小さなものです。マイホームの購入は人生で1番大きなお買い物なので、住宅そのものはナーバスになる位検討するでしょう。けれども、住宅ローンの条件に関しては家を建てる時ほど熱を入れず業者の言うままという方がいます。住宅ローンは、人生で中でも大きなお買い物なのですから、もっと慎重に検討しても良いのでは無いでしょうか。住宅ローンの借入金額を安くすることと、住宅の購入価格を安くすることは、一見すると似ていますが、ローンを減らす方がより簡単にできるものです。色々な住宅ローンがありますので、自分に合うものを選びましょう。借り換えの仕方次第で月々の返済額を調整することも可能です。住宅ローンの借り換えセミナーや、金融機関で開催される無料相談などを活用することで、借り換えについての知識を得られます。借り換え後にお得な返済ができるかどうかは、住宅ローンの借り換えを扱うインターネットのサイトで試算することも可能です。上手に活用しましょう。
住宅ローンの返済プラン
住宅とは恐らく、一生のうちで最も大きな買い物になりますので、住宅ローンの返済は、普通は何十年も続く大事業だといえるでしょう。この住宅ローンの返済において、先々どのようにローンを返していくかが、金利はもちろんのこと、大切になってきます。ライフイベント表を作り、はじめに今後の人生で起きるイベントを年ごとに書き出してみてはどうでしょうか。書き出してから、住宅ローンを返済していくペースに基づいてプランを考えることが大切です。金利から生じる利息を減らすことを、住宅ローンの返済をスムーズにするためには考えることが必要です。頭金を多くし、返済期間を短くし、低金利の住宅ローンにし、繰り上げ返済を積極的に行うことこそが、利息を減らすには重要なことです。返済する時点での家庭の貯蓄を圧迫する方法だといえますが、金利に関わらず、金利を減らす工夫で利息額を減らすことはできます。金利に比して利息を減らすためにも、返済を早く終わらせるためにも、計画的に住宅ローンの繰り上げ返済をすることを視野にいれておくのは重要なことです。繰り上げ返済は返済期間を短縮するタイプと、返済額を増やすタイプがあります。実際の繰上げ返済の手続きには手数料がかかりますから、手続きはある程度まとめてした方がいいでしょう。住宅ローンの金利を減らす繰り上げ返済はそれだけ家計に負担となってのしかかります。住宅ローンの金利を減らしたくても、景気が不安定な状態が続く中、手持ちの資金をいくぶんは残しておく方が良いかもしれません。
住宅ローンを組んでお金を借りる時に必要となる担保
住宅ローンを使って高額なお金を動かし、家を買うことは、生きているうちに一回あるかないかでしょう。いつかはマイホームを持ちたいと思う人は多くいるでしょうが、実際に住宅を購入するとなると大きな決断が必要です。家を買うことは、その家の購入価格に違いがあるにしても、その人にとっては重大な出来事といえます。家を買うための資産は、できる限り確保できているという場合でも、それは頭金であり、大半の支払いは住宅ローンで借りる資金になります。その住宅ローンを組む時には、どの銀行でも担保が必要になります。担保には、物的担保と、人的担保があります。物的担保では、土地や建物などの資産を担保にすることです。一方、連帯保証人や、連帯債務者といった、住宅ローンを組んだ本人ではなく、返済が不能になった時に代わりに支払う人が人的担保です。保証人にも段階があって、一番返済義務が強いのは連帯債務者で、その次に連帯保証人、一番義務が弱いのが保証人となります。住宅ローンを組む時には、人的担保になりえる人を探しておく必要がありますが、なれる人と、なれない人がいることは重要なことです。金融機関は、人的担保として契約する相手にも、ローンの返済能力が十分であることを求めます。保証人になればそれだけリスクもあるので、よく考えた上で依頼をして、信頼を崩すようなことはしてはいけません。連帯保証人になる人にとっては、住宅ローンの人的担保になることで得られるメリットがなければ、返済責任を負うリスクのほうが大きいこともあります。
住宅ローン控除という制度について
マイホームを建てる時にはほとんどの人が住宅ローンを利用すると思いますが、ローン控除の制度を理解しておく必要があります。住宅ローンを組んだ時に利用できる控除の制度は、お金に関ることであり、知っていると知らないとでは大きな差が生じることになります。住宅ローン控除は、住宅ローンを借入れて住宅を取得した場合に取得者の金利負担の軽減を行っていく為の制度となっています。借り入れを行った年の年末のローン残高と、住宅の取得対価を比べて、少額のほうの1%を算出し、その数字を以後10年園、所得税から差し引きます。もし所得税から控除しきれない場合には、住民税からもこれを一部控除してくれるケースもあり、その分だけ税金が安くなる大変ありがたい制度です。購入した家に住み始めた年が計算のスタートになりますし、住宅ローン残高を確認する時にも、金額は上限額が決まっています。どのタイミングで家を買ったかによって、控除される最大の金額は異なってくるので、この点は確認しておくようにしましょう。たとえば、平成26年3月までの場合には控除額が最大200万円となっていたのが、それ以降の場合には最大400万円と変更になっています。消費税率の変更にともなって、住宅ローン控除の制度も優遇されるようになり、その差は大きなものとなっています。どうして、住宅ローンの控除について知っていなければならないのかといえば、確定申告を自分で行う都合上、やむをえないことです。確定申告をするまでは大変かも知れませんが、所得税や場合によっては住民税も安くなるので、この制度を利用しない手はありません。住民税や、所得税を、住宅ローンの控除によって軽減することができれば、以後は住民税や、所得税の支払いがきっと楽になるでしょう。
管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる