クレジットカードの分割払いの危険性?

クレジットの分割払いで生じる手数料や金利について

クレジットカードは大変便利なものであり、誰もが当たり前のように所持するようになっています。クレジットカード会社もたくさんあり、中には複数枚のクレジットカードを利用している人も少なくありません。クレジットカードで決済をして、そのお金を分割で払うことになると、金利に基づく利息を加算することになります。クレジットカードを利用すると利息がかかることは一般的な知識かもしれませんが、金額についてはよくわかっていない人もいます。クレジットカードで決済を行う場合に、分割にする時は何回払いにするかを、決まった回数の中から選ぶことができます。1回払いは一括払いとして扱われ、2回払いに関しても同じような計算の仕方があります。3回以上の支払いについては、総支払額が大きくなる仕組みとなっています。そしてその額は、分割回数が多いほど増加する仕組みとなっており、その理由は手数料と金利の発生によって説明する事が出来ます。分割払いにする手数料という形で、月々の返済の都度、手数料が請求されます。分割する回数によって、返済が何ヶ月か後になります。それを貸付と見なして、金利8%~18%の範囲で手数料が上乗せされます。手数料が請求されるのは、分割払いにしたクレジットカードの支払い時に、追加分として支払うことになります。クレジットカード会社が、分割払いの金額と、金利に基づく手数料を加算し、合計金額をカード精算額として請求しています。

ライフスタイルで変わるおすすめのクレジットカード
決済を行う時にクレジットカードを使う人が多くなっていますが、クレジットカードのサービスは種類によって違います。全ての人に対して、同じようにおすすめと言えるクレジットカードは存在しません。クレジットカード選びで着目すべき点は、今までどんな時にクレジットカードを使っていたかを振り返ることです。クレジットカードを使うと、決済金額に対して一定の割合でポイントが加算されています。もしも、ポイントサービスが付帯しているクレジットカードを使うつもりなら、どんな使い方をするとポイントが多く入るのかなどをチェックすることが大事です。クレジットカード会社によって、ポイントの仕組みは異なっていますが、マイレージや、決済時の値引きに使えるポイントが好まれています。クレジットカード会社がポイントを消費して交換できる商品のリストをつくっているというところも少なくありません。コンビニをよく利用する人、外食をよくする人、飛行機に乗る人など、その人に合ったクレジットカードを選択することが大切です。現金決済ではなく、クレジットカードで決済をすることで、価格か割引になったり、ポイント還元率が高くなるという店舗もあるようです。クレジットカードを使ってポイントを貯める気がない場合は、割引や値引きに力を入れているカードがいいかもしれません。クレジットカード会社と提携しているデパートやスーパーで、カード決済をすることで、値引率や、ポイント付与率が上がることもあります。クレジットカードを選ぶ時には、日頃、お金をよく使うお店はどこかを考えた上で、その店と関わりのあるカードを選ぶのが基本的です。
管理人【よーかむ】
サッカー歴26年投資大好きブロガー
サッカー歴26年の1児のパパで会社員。年収は日本人の平均年収程度。
サッカー観戦時の解説には自信があり、実際の解説が言う前に試合の状況を言い当てることも出来る。
また、投資にも関心があり、毎日積立を行っている。
totoの予想は、私自身で分析をし、日々Twitterで過去の試合の解説を短くかつ分かりやすく配信を行っている。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる